プラセボ効果の裏をかく - 札幌市 厚別区で腰痛 肩こり 頭痛解消の整体

リラクスペースぴよぴよ

プラセボ効果の裏をかく

Millennium Pharmaceuticals で医薬品研究をしていた分子生物学者Kathryn Hallは2005年に手根管症候群で鍼灸師のオフィスにいったとき、なんて馬鹿なことをしているのだろうと考えていた。しかし鍼で症状が出なくなって、プラセボ効果を研究するようになった。そして彼女の研究がプラセボ効果の程度とある遺伝子の関連についてで、これがBiometheusという企業のベースになった。この会社のGunther Winkler CEOは臨床試験においてプラセボ効果を予想しコントロールするツールを提供することを希望している。

プラセボ効果は医薬品の開発において非常に厄介なもので、特に痛みや鬱やその他精神的疾患だとニセの治療の効果を上回るのが難しい。Hallの仮説は単純で、プラセボ応答はドパミン放出と関連し、カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ(COMT)のタイプにより反応が異なる。スウェーデンの研究者はCOMTではなくセロトニン生産遺伝子が関連すると報告している

食品安全情報blog

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

札幌市,厚別駅の整体

平日19時まで受付 国家資格者が施術 駐車場10台あり 厚別駅より車で4分 土曜は14時まで受付

【全員】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

【全員】美顔整体or美顔鍼お試し体験

美顔整体or美顔鍼お試し体験1回プレゼント

通常6,000円→無料

保険治療を受けられる方へ